2020年03月10日

おじいさんの古いカメラ。

大好きだったおじいさんから譲り受けた古いカメラ。
宝物のひとつ。
 
  
僕はおじいさん子だった。
  
大きくなってからも、しょっちゅう会いに行ったし、二人でよくご飯も行ったし、一緒に仕事もした。
 
  
最後の方は、酸素ボンベがないと外へはいけなかった。
 
酸素ボンベを抱え車椅子で出掛ける。
酸素ボンベを抱えながらタバコも吸う。(危ない(笑))
酸素ボンベを抱えながら人に軽口もたたく。
 
 
その酸素ボンベにも、ちゃんと名前をつけていた。
 
 
『ポチ』と。
 
 
とてもチャーミングな人だった。
 
若い時分はイケイケドンドン、ドンパチばかりで、めちゃめちゃな人だったが、人望は感心するほど厚かった。
 
人情味のある人だった。
 
とても不器用な生き方だった。
 
だけど男としてかっこよかった。
 
 
 
しょっちゅう電話もかかってきた。
 
 
『けいくん、おじいさんの事は心配いらんさかいな。仕事頑張りやぁ。』
 
 
 
という電話が一日5、6回かかってくる。
 
 
心配してほしいんやん〜(笑)
 
 
このおじいさんに『生き方』をずいぶんと教わった気がする。

89355462_2613633815584854_7471788754689064960_o.jpg
posted by ケイスケ at 04:21| Dairy | 更新情報をチェックする

わすれもの。

定期券を家に忘れてしまった。
 
電車の時間がわりとギリギリだったので、切符を買うべく、
歩きながら財布の1000円を取り出し、握りしめ少し早足で急いだ。
 
駅にたどり着き『乗り遅れまい』という気持ちが前に出すぎたのかもしれない。
 
 
改札機に1000円札を突っ込もうとしてしまった。
 
 
ギリギリ入らず引っ掛かったから良かったものの、もうすぐで詰まらせる所だった。
 
 
滑り出した電車の背中が愛しかった(笑)
posted by ケイスケ at 04:20| Dairy | 更新情報をチェックする